外国人技能実習制度とは

  • 信頼できる送り出し機関との協定で安心の実習生招致
    信頼できる送り出し機関との協
    定で安心の実習生招致
  • 手厚いサポートで実習生の途中帰国ゼロ、失踪・逃亡ゼロ!
    手厚いサポートで実習生の途中
    帰国ゼロ、失踪・逃亡ゼロ!
  • 当組合のみ!企業様、実習生への徹底サポート。
    当組合のみ!企業様、
    実習生への徹底サポート。
  • 帰国までに語学能力をN3レベルまで習得!
    帰国までに語学能力をN3レ
    ベルまで習得!

外国人技能実習制度

外国(主に新興国)の方が日本の企業で働くことにより、日本の高い技術を身につけ、やがてその国の発展を担う人材を育てる「人づくり」を目的として創設された制度です。
日本の進んだ技能・技術・知識を修得させ、それらを技能実習生の母国に移転することにより、自国の産業発展に役立てる人材育成を目的としています。この制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国がおこなっている、国際協力・国際貢献の一つとなっています。

国が推進する安心制度

外国人技能実習制度は、外国人技能実習機構(OTIT)の技能実習制度運用要領による指導に基づいた公的制度です。World Linkは監理団体として、外国人技能実習制度の一般監理団体と、特定技能支援機関の許可を取得しています。

受け入れまでの流れ

  • 企業様と打ち合わせ
  • 渡航・面接
    渡航・面接 受け入れたい人数の3倍以上の人数の面接ができます。また、面接後は視察ツアーとしてその国について知っていただく観光の時間を設けています。また、信頼を深めて頂くため、面接で選んで頂いた実習生との食事会も現地で開催しています。
  • 機構・入国管理局への申請書類作成
    機構・入国管理局への申請書類作成ワールドリンクが全て作成いたしますのでご安心ください。
    企業様は流れに沿って必要な書類を収集して頂くだけで招致することができます。
  • 入国管理局から在留認定交付
  • 実習生来日
  • 実習生、1ヶ月の研修
    実習生、1ヶ月の研修 当組合が運営している「ワールドリンク研修センター」もしくは兵庫県内にある研修センターで、1ヶ月間日本語や、日本での生活・文化を学びます。又、行政書士・社会保険労務士による講習や、外出して日本の生活を学ぶ機会も設けています。
  • 実習生企業に配属

渡航・面接から実習生の企業様への配属まで約6~7ヶ月です。
初めての実習生の受け入れは企業様にとって大変不安なことも多いと思います。寮の用意や生活用品を揃えたり、いつ頃、何をしたらよいかなど、全てしっかりワールドリンクがサポートいたしますのでご安心ください。ワールドリンクは、社員の方向けに無料実習生受け入れセミナーを開催しています。

ワールドリンクの強み

ワールドリンクにはさまざまな強みがあります。

信頼できる送り出し機関との協定で安心の実習生招致信頼できる送り出し機関との協定で安心の実習生招致

近年、ブローカーによる実習生への大金の搾取など問題になっております。それが元で逃亡、失踪が後を絶ちません。送り出し機関も、実習生を想う気持ちをもった機関でなくてはなりません。私どもワールドリンクは、信頼できる送り出し機関と協定しています。
ブローカーが入らない、しっかりとした組合と信頼できる送り出し機関でないと実習生の招致はうまくいきません。技術を学びたいとちゃんとした志をもった実習生が餌食にならないように信頼できる組合と送り出し機関を選択していただくことがひいては企業様の利益にもつながります。
ワールドリンクでは、実習生が安心して入国でき、企業様のお役に立てるよう様々な活動を行っております。

途中帰国ゼロ、失踪・逃亡ゼロ安心して招致頂ける独自サポート途中帰国ゼロ、失踪・逃亡ゼロ安心して招致頂ける独自サポート

ワールドリンクが途中帰国ゼロ、失踪ゼロという実績を持っている理由は組合と送り出し機関が親身になって実習生をサポートしているからです。
実習生たちはただ単に労働力としてきているだけでなく、それぞれに夢などがあって来日しています。そんな実習生たちをしっかり満了までサポートして帰国させ、帰国後も組合と送り出し機関で就職などのケアをしています。
ワールドリンクでは日本語が全く喋れない状態で入国する実習生を3年後にはN3にして帰国させています。働きながらN3レベルまで語学を習得するのは大変ですが、N3を取得することにより実習生の帰国後の給料が高くなります。実習生の帰国後のことを考え支援しています。
また、送り出し機関はN3レベルで帰国してきた実習生の就職をサポートしています。例えば起業したい場合は相談先の紹介など、日系企業の就職の世話をします。

実習生写真

このように、組合と送り出し機関で最後まで実習生をサポートする。そこが他の組合との違いであり、途中帰国0、失踪0の理由です。介護職以外の実習生のうち60%が建設、30%が工場(製造)、10%が農業です。逃亡が多い建設、農業の実習生が多いにも関わらず失踪者を出しておりません。
組合と送り出し機関だけでなく、この事業は企業と組合と送り出し機関が三社一体となって実習生を保護しながら3年間、5年間を全うさせることで成功するのです。三社が信頼し合うことが実習事業にとって一番重要なポイントです。

日本でワールドリンクのみが行う企業様、実習生への徹底サポート日本でワールドリンクのみが行う企業様、実習生への徹底サポート

ワールドリンクでは、経験豊富なスタッフが一企業様につき一人サポートにつきます。

  • 何度も実習生の寮を訪問、ヒアリングする
    ■何度も実習生の寮を訪問、ヒアリングする
    法律上1年目は1ヶ月に1回、2年目以降は3ヶ月に1回ヒアリングが義務付けられていますが、支援部では1ヶ月間に何度も訪問し悩みはないか、困っていることはないかなど、きめ細やかに関わっていきます。
    また、誕生日には必ずバースデーケーキをもって寮に行き、一緒にお祝いをします。日本食を作ったり、買い物や外食、観光に連れ出すなど、日本での生活を充実して過ごせるように、また実習生が無事に職務を全うできるように支援してまいります。
  • 企業様と密に連絡をとる
    ■企業様と密に連絡をとる
    企業と実習生の間で問題が起こらないよう、企業様と密に連絡し、しっかり橋渡しします。

企業様が安心して実習生の受け入れができるように独自の体制を整えておりますので、企業様の負担の軽減にもなっており、企業様に喜んで頂いております。

実習生送り出し国

ワールドリンクは実習生を送り出す正式なライセンスをもった優秀な各国の送り出し機関と協定しています。優秀な送り出し機関には優秀な人材が多くいます。

1. ベトナム

  • ベトナムイメージ
  • ベトナムは古くから日本とも親しい関係にある東南アジアの新興国です。人口9,900万人(2022年時点)を擁し、近年目覚ましい経済発展を遂げています。人口の大半が仏教徒で、勤勉で誠実な国民性は日本人と似ています。また、向上心や好奇心が旺盛で仕事に必要なスキルを学び取ろうとする意欲も高いです。

2. ミャンマー

  • ミャンマーイメージ
  • 東南アジアの新興国ミャンマーはかつてビルマと呼ばれ、古くから日本と親しい関係にある国です。人口 5,500万人(2022年時点)で、敬虔な仏教徒が多く、年長者を敬うことは功徳を積むことという考え方が浸透しているため、高齢者の介護も喜んで取り組むホスピタリティ的精神を持った国民性です。自己主張をあまりしない日本人的なシャイな一面もありますが、忍耐強く仕事には真面目に取り組みます。

3. 中国

  • 中国イメージ
  • お隣の国中国。13億人以上という人口を抱える中国はアジアの経済大国へと発展しましたが、 国内は格差社会でもあります。中国から受け入れる技能実習生は、仕事のスキルを身につけたいという明確な目的意識と向上心、意欲を持った純粋で真面目な人が多いです。

4. インドネシア

  • インドネシアイメージ
  • インドネシアは赤道直下の多くの島からなる共和国で、民主主義国家です。オランダの植民地支配から日本が解放したことで日本に友好的で親日の国です。
    人口は2億5000万人。イスラム教徒が90%を占め、貧しい人、病人、高齢者などには無条件に手を差し伸べることが信者の義務とされており、介護実習生としてもたくさんのインドネシア人が来日しています。明るく人懐っこい国民性で、真面目に仕事に取り組む姿勢は素晴らしいです。

費用について

費用は初期費用と月々の管理費となります。初期費用は下記の通りです。

初期費用 35万円程度(1人)

参考費用ですので詳しくはお問い合わせください。

受け入れに対する不安や疑問について

外国人介護職技能実習生の受け入れに関しての不安や疑問についてお答えします。
経験豊富で実績のあるワールドリンクに何でもご相談下さい。

コミュニケーションがとれるか不安

介護実習生はN4で来日しますが、介護職以外の実習生は簡単な日本語しか話せませんが、3ヶ月ほどすると段々理解出来て仕事が出来だし、半年後にはきちんと理解し、仕事も十分出来るようになります。この時点で日本人より遙かに仕事をすると企業様から評価をいただいております。
最初の3ヶ月間は意思疎通で大変な時期ですが、ワールドリンクがその間に立ち企業様と実習生を特に密につなぐ、それが組合の役目ですのでしっかりとサポートいたします。
また、2期生、3期生と入り出すと、2期生以降は1期生が育て、企業様側も受け入れに慣れていきますのでスムーズになります。

企業への受け入れに制限などはあるか

実習実施者が受け入れる技能実習生の人数(介護職以外)については上限数が定められています。

企業様常勤雇用者数 1年目受入人数 2年目受入人数 3年目受入人数
30人以下 3人 6人 9人
31人〜40人 4人 8人 12人
41人〜50人 5人 10人 15人
51人〜100人 6人 12人 18人
101人〜200人 10人 20人 30人
201人〜300人 15人 30人 45人
201人〜300人 常勤職員の20分の1 常勤職員の20分の2 常勤職員の20分の3

3年+2年で合計で5年受け入れ可能です。企業様の常勤雇用者数が30人以下の場合、3年間なら表の通りですが5年間なら15人となります。
3年経つと法律により一度帰国し、2年延長のビザ(3号ビザ)で再入国する形になるので、3年が経つ手前になったときに組合から企業様にまだ実習生を残したいか(誰を残したいか)、実習生たちに残りたいか希望をそれぞれ確認し、双方良ければ4年目5年目と続く形となります。
2019年4月から新しい在留資格「特定技能」が新設されました。14業種に限り技能実習からの移行ができ、技能実習と合わせて計10年在日できます。

 

 

特定技能について

この在留資格「特定技能」制度とは、中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れできる制度です。

特定技能のさまざまな受け入れ方

①技能実習3年間終了後に特定技能へ資格変更
②技能実習5年間終了後に特定技能へ資格変更
③国内に在留している特定技能生を募集する
④海外にいる特定技能生を募集する

特定技能の受け入れ可能職種

①介護 ②ビルクリーニング ③素形材産業 ④産業機械製造業 ⑤電気・電子情報関連産業 ⑥建設 ⑦造船・舶用工業⑧自動車整備 ⑨航空 ⑩宿泊 ⑪農業 ⑫漁業 ⑬飲食料品製造業 ⑭外食業

特定技能の受け入れできる人数

建設、介護職は正社員の人数と同じ人数まで。その他の職種は制限がありません。

特定技能の注意点

転職が可能です。また、都会で働きたい、賃金が高い会社に就職したいなどの希望が多く、
最低賃金が高い東京や都会で就職するケースが目立ちますので、地方や田舎には適していない
傾向があります。

ワールドリンクは企業様も実習生も幸せになることを目指しています

授業の様子

ワールドリンクは企業様も実習生たちも幸せになれるような仕組みを独自で作り上げています。その結果、途中帰国0、失踪0を実現、口コミでたくさんの企業様にご依頼を頂いております。

外国人介護職技能実習生の受け入れをお考えの企業様はまずお気軽にお問い合わせください。